種類が豊富にある

握手をしている

保険の相談窓口もできています

生命保険や自動車保険など、万が一の時に備え、保険に加入している方がほとんどです。結婚したり、子どもが誕生したり、新車を買ったりした場合、これまで加入していた保険で十分かと考え、保険相談するケースがあります。保険相談をする際、最も適している人は、現在加入している保険の担当の方です。当然のことですが、現在の加入している保険のことも理解していますし、コミュニケーションも取り易いです。あれこれ考えずに、まずは相談することをお勧めします。何らかの事情があって、今の担当者に相談できない方は、複数の保険会社の保険商品を取り扱っている保険の窓口で保険相談をしましょう。商品の種類も多いので、自分いあった保険商品が必ずあります。

基本的には無料で対応してくれます

保険会社の担当者に保険相談をした場合、費用はかかりません。現在の保険をどのように見直せばベストかを親身になって考えてくれます。保険会社では、そのような相談のコストも保険料に加味しているのが一般的です。複数の保険商品を扱う保険の窓口で保険相談をする場合も、費用はかかりません。契約に至れば、保険会社から歩合を支払われる仕組みになっているため、保険相談は重要な営業行為なのです。遠慮せずに、納得がいくまで相談しましょう。ファイナンシャルプランナーなどに保険相談をした場合は、費用が発生する場合があります。これは、保険相談だけの金額ではなく、資産運用、ローン設定など家計全般に対する相談費用に含まれる場合がほとんどです。

このエントリーをはてなブックマークに追加